恐怖が記憶に根強く残る理由

大きな声では言えないのですが医療現場では「はっ!」とする出来事が度々おきます。

同じような経験でも、強い恐怖や不安を感じた出来事は、なぜかよく覚えているものです。幼いころに遊びに出かけた思い出でも、何事もなく楽しかったことはあまり覚えていないのに、迷子になったとか、溺れかけたときのことは、はっきりと記憶していたりします。なぜ怖かった出来事のほうが、忘れにくいのでしょうか?
不安や恐怖は、快感や不快感とともに、動物がもっているもっとも基本的な感情です。これらは危険から身を守り、生き延びるために発達したもので、生命にとって重大な意味をもつため、「情動」という特別な名前で呼ばれ、ほかの感情と区別されているといいます。情動が生まれるのは、大脳辺緑系にある扁桃体(扁桃核) という部位。扁桃体の扁桃はアーモンドのことで、形が似ていることからこう呼ばれています。
扁桃体は、脳の記憶メモリである海馬のすぐ隣りにあります。海馬は、脳のほぼ全域と連絡している。

何かを経験して神経細胞の新しい伝達経路ができると、海馬はそのパターンの情報を受け取り、必要に応じて再生することができるようになります。
このとき海馬は、入ってきた情報を強化したり弱めクたりするイコライザのような役目を果たす。何度もくり返し入力されるなど重要な情報では、海馬はシナプスの受容体を変成するなどして、以後同じ情報が伝わりやすくなるように神経細胞に作用します。
これを長期増強(LTP) といい、くり返し補強を受けた伝達パターンは最終的に長期記憶として長く残されることになります。
そこで話をもどすと、情動は動物にとって生存にかかわる重要な情報である。つぎに同じような場面に遭遇したときに危険を避けることができるよう、長く保存しておく必要があるのです。そこで扁桃体と海馬は隣り合わせでタッグを組み、恐ろしかった体験をけっして忘れないようにLTPを行なっているのです。つまり、恐ろしい出来事が忘れられないのは、人間が生き延びるための知恵とも言えるかもしれません。

広告

女性に多い膀胱炎

泌尿器科にいると、女性の膀胱炎患者が多いのですが、なぜか?花粉症と膀胱炎を同時に発症する方がいらっしゃいます。ドクターも医学的な因果関係は不明だがやっぱり「ストレス」が大きく関与しているのでは?と言っています。
また、「ストレス」か?どんだけ人間の体にとってストレスは「悪」なのでしょうか?

膀胱炎は圧倒的に女性に多いのは体の構造の違い、具体的には、尿道の位置の違いにあります。急性の勝胱炎は、細菌が勝胱に侵入することが主な原因です。俗に尿道口から肛門にかけての部分を、蟻の門渡りといいます。女性は尿道口と肛門、膣の位置がとても近く、肛門周囲の大腸菌が尿道に侵入しやすいのに対して、男性は、性器と肛門の位置が離れているので、尿道から細菌が侵入しにくい構造になっています。

また、尿道の長さも、男性が約20cmであるのに対し、女性は約4cmと短く、細菌が侵入しやすいつくりとなつています。
一方、男性の場合は、尿道炎にかかるケースが多く、原因となる菌は、性感染症である淋菌やクラミジアがほとんどです。性交が原因で細菌感染して発症する場合のほかに、細菌感染ではない問質性勝胱炎もあります。
抗生物質の処方でたいてい治りますが、再発する人もいます。また、膀胱炎に効果がある健康食品として、クランベリージュースなどの酸性食品があります。膀胱炎になると、尿がアルカリ性に傾いていますが、それを酸性に傾けることで症状がやわらぐようです。そして、水分をしっかり補給して、できるだけ菌を早く排尿するよう勧められています。

早起きは三文の「損」

今日は、休日出勤組のドクターとナース4人で「早起き」すると一日中調子が悪い…とみんなで意見があったので「早起きのデメリット」について考えてみることにしました。

特に医療者の視点を大事にしてみた点がポイントです。

「早起きは三文の得」とよく言われるとおり、朝早く起きることにはよいイメージがあります。しかし、こと健康について言えば、早起きはむしろ「損」であると私たちは考えます。
たたとえば脳卒中は、昔は「中風」と呼ばれていました。寒い戸外に出て「風に中る」と、血圧が上がって脳卒中が起こるケースがあったため、そのような呼び名がついたのです。高血圧症の人であれば、冬の早朝に外出するのは控えるのが無難でしょう。
早朝のスポーツとなれば、これはさらに体に悪いものだと言えます。スポーツ中の突然死で最も多いのは、一位がジョギング、二位がゴルフですが、いずれも「早朝のスポーツ」です。疲れているとき、睡眠不足のときに普段より早く起きて体の硬い状態で心拍数が1 がるようなことをすれば、これは体に大きな負担が掛かって当然です。ジョギングやゴルフ、あるいは「早朝野球」を楽しみたいのなら、普段から早寝早起きの習慣をつけておくべき。
もちろん入念なウォームアップも欠かせません。それから、頭痛や微熱といった体調不良があれば、早朝スポーツは絶対に中止する。「自分が行かないとメンバーが足りなくなる…」 などと思うこともあるでしょうが、スポーツは遊びです。命を懸ける価値はまったくありません。疲労回復という面から見ても、早起きはお勧めできるものではありません。
慢性的な寝不足に陥っている人なら、休日はむしろ朝寝坊をすべきです。二時間程度の寝坊なら、疲労回復効果があります。ただし、寝すぎはいけません。「昼すぎまで寝ていた」とか「夕方までベッドに入っていた」ということになれば、睡眠のリズムは狂ってしまい、かえって疲れます。
金曜土曜にたっぷり寝たために日曜の夜に眠れなくなり、月曜日はほとんど徹夜状態で出社、という「悲劇」はよく聞く話。寝すぎてしまうくらいなら、普段と同じ時間に起きるべきです。また、早朝のスポーツは避けるべきといっても、休日をただ家でダラダラすごすのも、疲れの原因になることがあります。疲れをとるためには、疲れていないところを動かす必要もあるからです。
たとえば、一日中パソコンに向かっている人は、休日には目を休ませなければいけません。しかし、足腰は、動かしたほうがいいのです。普段は使わない筋肉を動かして全身の血流をよくすること。これが疲労回復の基本です。立ち仕事をしている人であれば、休日にはできるだけ横になるべきです。疲労困憊で起き上がるのもつらい、というのなら、無理せず横になつているのが一番。
しかし基本的に、休養とは「ひたすらじっとしていること」ではありません。
より効果的に疲れをとるためには、体は適度に動かしたほうがいいのです。美術館やコンサートに出かける。買い物に行く。観光地に行く。これも「軽い運動」の三です。もちろん心がリフレッシュする効果もあります。スポーツに比べれば早起きのリスクは小さいですから、たとえば「今度の日曜日は早く起きて遊園地に行こう」というのは、避けるべき行動ではありません。しかしその際は、夜は早く寝られるように予定を組む必要があります。睡眠時間を削る価値のある「休養」はないと心得るべきでしょう。いつもよりやや遅く起きる、散歩をするなどして体を適度に動かす、夜は早めに床につく。これが疲労回復の基本です。

こんな感じに「三文の損」について考えてみました。休日出勤がいかに精神的によくないかがわかります(笑)

ナースの喫煙率

普段の仕事は泌尿器科の外来と透析センターですが、ここに30名近くのナースがいますが喫煙率が異常に高い。ドクターも全員喫煙者で…。
医療従事者がこれではどうしようもありません。

患者さんで長年、たばこを吸い続けた人が禁煙すると、「呼吸が楽になった」といいます。吸っていたころは、上り坂を少し歩いただけで息が切れていたそうです。。たばこの煙には、1~3% ほど一酸化炭素が含まれています。一酸化炭素は、酸素にくらべて200倍以上もヘモグロビンと結びつきやすい性質を持っています。
そのヘモグロビンと一酸化炭素がくつつくと、酸素の量が減ります。血中の酸素濃度が低下するから、体を動かすとすぐに息が上がり、運動能力が低下するわけです。そのため、喫煙者は、慢性的な酸素欠乏状態にあります。さらには、長い期間喫煙を続けると、やがて慢性閉塞性肺疾患(COPD) を引き起こします。これは、肺胞が破壊され、呼吸困難を引き起こす病気で、いったん進むと元に戻りません。たばこは、がんの原因として強調されますが、それよりもCOPD のほうが恐ろしいともいえるでしょう。

このほか、一酸化炭素は血管の動脈硬化を促進するともいわれています。健康のためには禁煙したほうがいいに決まっていますが、少量の喫煙でリラックスできるなら、自律神経のバランスの見地からは、絶対的な悪と決めつけることはできないでしょう。

私たちナース自身が体をこわさない限り多分禁煙できる人は少ないように思います。日々のストレスの方が大きいですし。
「いつかは禁煙」と思いつつ10年以上が経過しています。

栄養ドリンクの効果のほど

栄養ドリンクの効能に「滋養強壮」があります。これは、いったいどういう意
味なのでしょうか。

連日、忙しくてこうしたドリンクで体力が回復するのであれば是非試してみたい!と思うわけです。
ドクターなどは、こうした栄養ドリンクを常飲しているようです。

辞書で調べると滋養とは「体の養いになる。また、その食べ物」とあります。同じく強壮は「強くて元気なこと」とあります。二つ合わせれば、「強くて元気な体の養いになるもの」という意味になるのかもしれませんが、しかし滋養強壮という言葉は、辞書には載っていません。他の漢和辞典を調べても同じ結果です。つまり滋養強壮という言葉は、近年つくられた造語だと推測できるわけです。
さてそれでは、栄養ドリンクにこの「滋養強壮」効果があるのかどうかを考えてみますと、「ない」とは言えません。栄養ドリンクの多くは、ビタミンB群や生薬といった疲労回復の効果がある成分を含んでいますから、疲れたときに飲むの
は決して悪いことではないでしょう。
しかし、栄養ドリンクを飲んでいれば「24時間戦える」などと考えるのは違いです。

なるほど栄養ドリンクを飲むと、元気になったような感覚を得ることができますが、これは主にカフェインと糖分による一時的な現象です。カフェインが交感神経を刺激し、糖分が血糖値を上げるので、パワーアップしたような錯覚が生じるわけです。

寝不足のときに熱い風呂に入ると、一時的にシャキッとすることがありますが、それと同じです。その錯覚を心の支えにして徹夜仕事などすれば、疲労はかえってひどくなります。また、生薬などの薬効成分を抽出するために、アルコールを含んでいる栄養ドリンクもあります。
アルコール含有量は最大で約1%。左党なら先刻ご承知のことでしょうが、アルコールを摂ると「元気になったような感覚」を得ることができます。しかしこれもまた、一時的な現象にすぎません。要するに、栄養ドリンクを飲んだところで、本質的な「パワーアップ」はできないのです。
実際、栄養ドリンクのテレビコマーシャルには、「体力がつく」と明言しているものは一つもありません。たとえば崖をよじ登ったタレントさんが、栄養ドリンクを片手に「ファイトー」と叫ぶシーンは出てきます。
しかしそこでは、「これを飲んだら崖をよじ登ることができます」とは、ひとことも言われません。あるいは「24時間戦えますか? 」というコピーは単なる質問です。
「24時間戦えます」と断言しているわけではありません。栄養ドリンクの中には、一本数千円もするような高価なものもあります。これは主に、配合されている生薬の「原価」によるものです。高価な朝鮮人参のエキスが配合されている栄養ドリンクの値段が高くなるのは、当然のことでしょう。しかしその「エキス」は、万人に効くとは限りません。値が高いものは効く、というのは、買う側の勝手な思い込みです。思い込みは時に「効いた」という錯覚につながりますが、錯覚がかえって体調の悪化につながるケースもあります。疲労回復の基本は、栄養を摂って休むことです。疲れたから休む。休んでいるときに栄養ドリンクを飲む。これは効果的なことですが、徹夜仕事の合間に栄養ドリンクを飲んでも、期待できるのは瞬間的に目がさえる、という効果くらいでしょ、つ。栄養は基本的に、食事から摂るべきものです。栄養ドリンクはあくまでもその補助であることを忘れてはいけません。

夜勤明けの肌あれというかくすみ、にきびなどはこちらが効果的。冷蔵庫に山のように買い込んである。
睡眠不足だといまひとつ効果がでないけどぐっすり眠ったあとに飲むと即効果を実感できる。ナースには必須アイテム。

しもやけは血流がよくない

しもやけは、寒さのために皮膚表面の血行が悪くなって生じる炎症です。よく「ジンジンする」という表現が用いられますが、皮膚が赤く腫れ上がり、その部分がかゆく、ほてってきている状態のことです。暖房の環境が整った現在では、しもやけになる人は減ったといわれます。しかし、女性に多いようですが、特別冷気にさらされることもないのに、毎年冬に、しもやけになる人もいまだにいます。「しもやけになる人は、グローミュー(動静脈吻合) が機能不全になつている」と故・甲田光雄医師は指摘しています。つまり、しもやけは、グローミューが働かず、血液循環不良になつているのが原因だというのです。
グローミューは、毛細血管の迂回路の血管です。冷たい水に手をつけると、毛細血管が収縮し、血液の流れが閉ざされてしまいます。血液は行き場を失いますが、普通はこのとき、グローミューが開き、ここを通って血液は流れます。ところが、グローミューが機能不全になつていると、血液が滞り、しもやけを引き起こす原因になります。また、甲田医師によると、グローミュlは砂糖ヤアルコールの過剰摂取、食べすぎなどによって機能不全になるそうです。しもやけにかかりやすい人は、こうしたことを見直しるとよいでしょう。

特に医療現場では、糖尿病の人のフットケアをはじめ、末梢の血流の悪さが目立ちます。
冬期間は特にこういった症状の患者さんは急増します。
現代人の「食べ過ぎ」はさまざまな弊害をもたらします。

そういう私も「アイス」「チョコ」などの甘いものを摂りすぎています。

人が記憶できる量の限界って

毎日、毎日、手の甲、腕、大切なことはその場でペンを使って書いておく。それでも忘れてしまう。
ドクターからの変更依頼、先輩からのちょっとしたことなど、そして一番大変なのが患者さんからの体調の変化。こちらは、電カルにすぐに入力するが、これをドクターに報告するのを忘れてしまう。
今日はかなり苛立ってしまったのでストレスマックスだった。

記憶がどこにあるかといえば、やはり「脳のなか」。といっても、パソコンの記憶媒体などと違って、脳細胞に直接データが書きこまれるわけではない。脳
はどうやってモノゴトを覚えていくのだろうか。脳の活動は、基本的に神経細胞( ニューロン) のあいだを電気信号が伝わることで起こるのだそうだ。これが一定のパターンとして定着したものが「記憶」だといわれる。
たとえば初めてリンゴを見たとき、その色、香り、形などを認識するために、いくつ
もの神経細胞がつぎつぎと興奮し、情報を伝えていく。
このとき情報を伝え合った神経同士は互いに過敏な状態になっていて、二回目に
リンゴを見たときは一回目のときよりもすばやく、ほとんど同時発生的に情報を受け渡すことが可能になる。
これが「覚えている」という現象である。二度より三度、三度より四度、くり返し刺激を与えると情報はますます伝わりやすくなる。

くり返すうちに、神経細胞が情報を渡し合うシナプスの部分では、受容体のたんばく質に変化が起こり、伝達のパターンがより定着していく。そのうちのいくつかは、時間がたっても思い出せる長期記憶になつたりもする。

ではいったい、脳全体ではどのくらいの量を記憶することが可能なのか。現在のところ、コンピュータの記憶容量になぞらえてテラ(10の12乗もしくは2の40乗)のレベルではないかと推測されている。

毎日、「あっ!これ報告しなければ!」というものがどんどん積み重なって、いつの間にか抜けてしまう。
医療現場は、毎日が戦場。
とりあえず、少しの脳の中を洗浄したい。
今日も忘れていることはないかどうか?を考えるだけで疲れる。