料理人のような刺身のさばき方

今朝、母親からおいしい刺身をもらったから食べにおいでというメールが入ったので久しぶりに実家に行った。兄夫婦はでかけていていなかったのでよかった。

お刺身は近所の人からもらったらしい。相変わらず「○○ちゃん(私のこと)はいい人見つかった?」と余計な世話をやいていたらしい。
本当にめんどくさい。

お刺身を料理人のようにプロっぽく切るのに重要な点は3点らしい。

  1. 刺身は引いて切る。
  2. 刃元から切っ先まで刃全体を使って切る。
  3. 赤身魚は厚め、白身魚は薄く切る

これはもう私が高校生のころから耳にたこができるくらい聞いたけれど今日も本当に上手に盛りつけてあった。

赤身のマグロやカツオは身がやわらかいので、厚めに切ったほうが歯ごたえがあっておいしく食べられる。
ヒラメやスズキなどの自身はもともと歯ごたえがあるので、薄く切ったほうが食べやすくなる。

本当はもっといろんなことを教わりたいのだけれど仕事が終わればぐったりしてしまう…といいわけをしているうちに婚期をのがしてしまった。
ナースの仕事はプライドをもってやっているけれど最近はちょっと結婚とかリアルに考えちゃったりする。相手もいないのに。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください