レビー小体型認知症

3大認知症の1つで大脳皮質に「レビー小体」ができ、発症する

高齢社会において、認知症は大きな社会問題となっています。従来は、「アルツハイマー型認知症」と「脳血管性認知症」の2つが、認知症の大半を占めると考えられていました。しかし、最近は「レビー小体型認知症」も多いことがわかってきており、この3つを「3大認知症」 と呼んでいます。

3大認知症の種類

  1. アルツハイマー型認知症
  2. 認知症全体の半数を占めます。脳に「アミロイド」の沈着がみられます。大脳の神経細胞が障害されて、脳が萎縮します。

  3. 脳血管性認知症…
  4. 「脳血管障害」によるものです。自覚症状のない、小さな脳梗塞の多発が原因になることもあります。認知症全体の約20% を占めています。

  5. レビー小体型認知症
  6. 大脳などに、「レピー小体」ができて起こります。認知症の約20% を占めるといわれています。

レビー小体型認知症が起こる仕組み

レビー小体型認知症は、どのようにして起こるのでしょうか。この病気を発見した人は「たんばく質の一種であるレビー小体が、脳の大脳皮質などにできて神経細胞を障害することで、この病気が発症するといわれています。レビー小体型認知症になると、手足の筋肉がこわばるなどの、『パーキンソン症状』が現れることがあります。パーキンソン病では脳幹部にレビー小体ができることがわかっており、2つの病気は関係があると考えられます。幻視などの精神症状の前に、パーキンソン症状だけが出る場合もあります。

患者の傾向

レビー小体型認知症の患者さんに多いのは、50歳代以降の人です。まれに、若い人に発症するケースもあります。男性に多く、ん性格はまじめで几帳面、特に趣味がなく、仕事熱心なタイプによくみられるといわれています。

記憶障害のほかに幻想やパーキンソン症状が現れる

認知症の症状というと、もの忘れなどの記憶障害のイメージがありますが、レビー小体型認知症には、次の特徴があります。

  • 幻想
    意識がはっきりしているときに、現実感のある幻視が現れます。例えば「赤い服を着た女の子が座っている」 「10人くらいの人がこちらを見ている」など、具体性を帯びているのが特徴です。
  • パーキンソン症状
    筋肉のこわばりや手足の震えなどを伴うことがあります。
  • 症状の変動
    「昨日は調子が悪かったが、今日はよい」など、症状が日によって変動します。特に、注意力などの認知機能が変動することが多いようです。
  • アルツハイマー型認知症はもの忘れなどの記憶障害が中心ですが、レビー小体型認知症は初期に幻視などが現れます。記憶障害はありますが、アルツハイマー型認知症ほど強くありません。

  • その他の症状
    「夜、寝ているときに暴れる」などの症状が現れることがあります。これを「レム睡眠行動異常」といいます。レム睡眠とは、夢を見ているときの浅い眠りのことです。レム睡眠中に体が勝手に動き、家族に暴力をふるったりすることもあります。また、「起立性低血圧、尿失禁、便秘」などの「自律神経症状」が現れることもあります。これは、パーキンソン病でもよくみられる症状です。

認知症の中でも難しくトラブルになりやすい

レビー小体型認知症の国際的な診断基準は、90年代半ばにはできていましたが、日本で注目されるようになったのはごくごく最近です。そのため、この病気についての十分な知識をもたない医師も少なくありません。「この病気は、初期のうちから幻想が現れ、問題となる行動を起こすことがよくあります。そのため、早めに医療機関を受診する患者さんも多いのですが、画像検査では脳に目立った萎縮や梗塞がみられないため、認知症ではないと診断されるケースもあるようです。家族は原因がわからず、問題となる行動への積極的な対策もとれないまま、途方に暮れてしまいがちです。早い投階での正確な診断と治療が何より重要なのです。

診断と治療

レビー小体型認知症は、早期に治療を開始することで、介護する家族の負担を軽減することができます。「以前と違うような気がする」 と感じたときが、受診のタイミングです。「もの忘れ外来」や精神科など、専門の医師がいる診療科を選ぶとよいでしょう。「患者さんのご家族には、どういうことでいつもと違うと感じたのか、それがいつだったのかを話していただけると、診断に役立ちます。もの忘れや幻視などの精神症状でも、動きが鈍くなったというような身体症状でも、おかしいと感じたことがあったら問診時に医師に伝えます。

レビー小体型認知症を見極めるには

この病気の可能性がある場合には、医師は「幻視やそれに伴う問題行動の有無」「日によって症状が変動するか」といった、レビー小体型認知症に特徴的な症状をまず尋ねます。このほかにも、さまざまな質問から得られた患者さんの状態や認知機能テストの結果を総合的に診て、この病気を診断します。
画像検査は必須ではありませんが、診断の裏づけや早期発見のために、MRIやCTなどの画像検査が行われることがあります。これは 脳の萎縮を調べます。レビー小体型認知症は、アルツハイマー型認知症より萎縮の程度が軽いことが多く、両者を見分けるのに役立ちます。
また、レレビー小体型認知症では、心臓の筋肉にも特徴的な症状がみられるため、「心筋シンチグラフィー」という検査で、心筋の代謝の状態を調べることもあります。

治療は主に薬物療法

認知症の症状は、適切な薬物療法によって、ある程度進行が抑えられることが明らかになっています。レビー小体型認知症の場合も、幻視やもの忘れなどの精神症状や、問題となる行動を薬で改善することができます。治療は、早期に始めるほどよいといわれます。

  • 塩酸ドネペジル(アリセプト)
  • 認知症では、脳内の神経伝達物質である「アセチルコリン」が大幅に減少します。塩酸ドネペジルは、アセチルコリンを分解する酵素の働きを抑え、脳内のアセチルコリンを増やします。主にアルツハイマー型認知症の治療に使われますが、レビー小体型認知症にも効果があります。主な副作用として、「吐き気、食欲不振」などがあります。

  • 抗精神病薬
  • 比較的副作用の少ない、「非定型抗精神病薬」が少量使われます。

幻想などの改善に効果がありますが、使用には細心の注意が必要です。薬物療法では、まず塩酸ドネペジルを使い、それで十分な効果が得られないときに漢方薬や抗精神病薬を加えるというように、薬を段階的に使用します。「塩酸ドネペジルは、アルツハイマー型認知症には健康保険が適用されますが、レビー小体型認知症には適用されません。
しかし、レビー小体型認知症には、アルツハイマー型認知症を併せもつ患者さんも多く、その場合は健康保険が適用されます。また、非定型抗精神病薬も健康保険適用外ですが、使わざるをえないのが現状です。「L ドーパ」などのパーキンソン病の治療薬が処方されます。

薬に過剰に反応することがある

レビー小体型認知症は、少量の薬にも敏感に反応するという特徴があります。そのため、症状が著しく改善することもあれば、効きすぎてかえって悪化することもあります。特に、抗精神病薬は、適切に投与されないと、精神症状や身体症状が悪化してしていて、認知症とは思えないような状態なのに、翌日には何を聞いても要領を得ない、ということもあるのです。症状が変動することを知らずにいると、介護する家族は患者さんの症状に振り回されて、疲れ切ってしまいます。症状に対する正しい認識をもち、その変動に一喜一憂しないことが大切です。

冷えを感じない冷え症もある

1960年頃から、本人の自覚症状はもとより、カラダ中のどこを診察してもまったく冷えの所見が認められない患者さんに、カラダを温めるような漢方薬を併用しないと、治療効果の上がらない病態があることを、発見し、これを「潜証(せんしょう‥潜んだ病症)」と命名した。この原因として、冷暖房の普及、カラダを冷やす食べ物(果物、サラダ、酢の物、砂糖など)の摂取量の増加、交通の発達による運動不足などの生活習慣の変化が、通常の診察では診断できない、潜んだ冷え症の増加をもたらしたと指摘されている。典型的な潜証の症状としては、カラダの芯の部分が冷えているため、皮膚にある冷えの感覚受容器が感知しにくく、冷えを自覚しないのであろう。冷え症のタイプから分類すると、カラダの芯の部分のみの冷えという意味で、新タイプの冷え症とl言うことができるだろう。

冷え症はなぜ起こるのか?

なぜ冷え症でつらい思いをする人が出てしまうのだろうか。カラダの冷えについて話す前に、逆にカラダの「熱」について考えてみたい。

体内でもっとも多くの熱を産生しているところは筋肉である。特に骨格筋は体重の約40%を占め(体脂肪は多くても体重の30%未満)、つねにカラダを温めてくれている。骨格筋の熱の生産量はカラダ全体の6割近くにおよび、さらに運動状態のときには9割以上に達するのだ。筋肉のほかにも、熟を生み出す組織は存在する。

安静時における主な器官の熱産生比率は、骨格筋が60%、肝臓20%、呼吸筋(横隔膜を含む)10%、心臓(横紋筋)4%、腎臓4%、その他2%となっている。だが、熱というのはただ産生されていればいいわけではない。

そのため、大脳の視床下部には体温をコントロールする中枢があり、サーモスタツトの役割を果たしている。その仕組みは、肝臓から熱産生を促すインターロイキンというホルモンが血中に放出され、視床下部まで運ばれると、急激に熱の産生を促進。筋肉の緊張が高まり、悪寒戟懐を生じさせる。悪寒戟懐とは、あの全身の筋肉が寒さでガタガタふるえるときの状態。

この筋肉のふるえによって、すばやく熱が生み出され、寒さが緩和されるのだ。もっと緩やかな寒さや冷たさには、皮膚にある寒冷刺激受容器が寒さを感知して、感覚神経を通じて視床下部に情報を伝達。交感神経系が緊張して皮膚近くを走行する血管が収縮し、体温が放散するのを抑制している。俗に言う鳥肌状態になるのは、熟の放出を抑制するために皮膚の立毛筋が収縮して、毛穴をふさいでいるためだ。このほかにも、カラダは熱を産生するシステムを持っている。寒さや冷えのために視床下部から下垂体に命令が下ると、甲状腺刺激ホルモンや副腎皮質刺激ホルモンの分泌が促され、脂肪を燃焼して熟に変換するのだ。恍また、副腎皮質刺激ホルモンは、肝臓に蓄えられているグリコーゲンをブドウ糖に分解し、血糖値を上げ、熱の産生を促す働きもしている。

適正範囲冷え症とは、こうしたカラダの熱産柳生システムがうまく機能していない状態の要因には、1血流の低下(自律神経系の関与)、2 代謝の低下(筋肉不足、肝臓・甲状腺・副腎皮質からのホルモンの作用不足)などが挙げられる。

しかし、冷え症の原因についての科学的究明は、まだ十分とは言えないのが現状である。その理由は、冷え症が疲労や痛み、かゆみなどと同様に、本人の自覚症状によるところが多く、数値などに置き換えにくいためだ。

冷え症は病気?

辞書などでで「冷えしょう」を調べると、「冷え症」の記載はなく、「冷え性」だけがある。普段、文書を書くときに「冷え症」を使うか?「冷え性」を使うか?については迷う時もある。

「冷え性」の意味、これは「手足や腰などがいつも冷たく感じる症状、またはその体質」との意味である。

一方、欧米の医学書には「冷え性」や「冷え症」という用語についての記載がなく、「肩こり」と同様に西洋医学の世界では臨床上、あまり問題にされない病態とされている。

また、日本の医学大辞典」には、「冷え性」の記載はなく、「冷え症」となっている。これには「身体の特定の部位のみを特に冷たく感じ、耐えがたい場合をいう。

部位は腰部がもっとも多く、ついで足部が多い。寒冷期に多く発生する。その発生機転は自律神経失調による血管運動神経障害であり、当該部位の毛細血管攣縮による血行障害の結果、冷たく感じる。

更年期の婦人によくみられる症状であるが、そのほか自律神経調節異常や心身症でもみられる。原因によりホルモン療法、自律神経調節薬などの薬物療法や心理療法などを行なう」と記述されている。

このように「冷え性」が自覚症状や体質を示す言葉であるのに対し、「冷え症」は病気としてのしるしを意味することになる。『字統』白川静著、平凡社による)。そして、冷え症には後天的な要素が加わることで、生活に支障をきたす状態になることも考えられる。一般的に冷えの症状が強い症状は「冷え症」でいいらしい。