植物油や揚げたポテト、大型魚が体に悪影響を及ぼす?本当のところ

トランス脂肪酸

とり過ぎは心臓に悪影響、固形化植物油を控え目に

生活習慣病の予防には動物性のバターより植物性のマーガリンといわれているが、 この定説が崩れた。植物油を固形化しマーガリンにする加工段階でトランス脂肪酸という物質ができる。このトランス脂肪酸が動物抽と同様に血液中の悪玉コレステロール(LDL)を増加させ、善玉コレステロール(HDL)を減らすことがわかった。米国の研究でトランス脂肪酸を多く摂取する人は、少ないい人に比べて心筋梗塞を起こすリスクが30%も高くなる。
またアレルギー性疾患や認知症との関連も指摘され始めた。トランス脂肪酸はマーガリンやショートニングなど固形化した植物油のほか、これらを材料とするケーキやクッキーにも入っている。また家庭で揚ぼ物をする際にも、トランス脂肪酸ができる。身近な物質なので、全面的に排除するのは不可能だ。WHOなどの専門家会議では、1日あたりのトランス脂肪酸の摂取を「総エネルギー量の1%未満にするようにと勧告している。

アクリルアミド

揚げ物に生じる発ガン物質、偏りのない食事で解毒を

こんがりきつね色に揚げたポテト、その香ばしいにおいは食欲をそそる。ところが炭水化物を多く含む穀類や芋類を高温で焼くと、アミノ酸と糖が反応しで、発ガン性のあるアクリルアミドが発生する。動物実験で指摘されているのは高濃度のアクリルアミドを長期間投与してガンが増えること。人の場合の影響はどうか?基本的には「注意するに超したとはない」となっている。これはWHOなどによる専門チームで「発がんの危険性の可能性を否定できない」と指摘されたことによる。

大型魚の水銀

妊婦は小魚を食べる

魚はn3系の抽を含み、脳などにいい。ところが、妊娠中の女性に対して、「大型魚の食べすぎに注意」という呼びかけを厚生労働省が行った。これは大型魚に水銀が蓄積される傾向があることがわかった。たため。大型魚を食べ、体内に水銀が蓄積すると、胎児に悪影響が出る可能性があるため。
また、赤ちゃんが生まれてからは、ガラス製のほ乳瓶を使うなども大切。プラスチック製では環境ホルモンが出るため。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください