バランスのいい食事は死亡率を低下させる

男性の場合には摂取する食品数が少ないと死亡率が高く、食品数が多いと死亡率が4 分の1 以下になっていました。これは、65~84歳の方の食事と死亡率につい調査した結果です。ところが不思議なことに、女性は食べ物の種類が多くても、少なくても、寿命には関係がなかったのです。

また秋田県で65歳以上の住民を6年間追跡調査し、食品の多様性が生活機能の維持にどのような影響を与えるかを調べました。生活機能の測定には、次のような質問に「はい」「いいえ」で答えてもらいました。その質問とは「バスや電車に乗って1人で外出できますか」とか、「自分で食事の用意ができますか」とか、「新聞を読んでいますか」など、日常生活に必要な肉体的運動能力(料理や歩行など)、知能(新聞を読む、請求書の支払いをするなど)、友人関係(家族や友達の相談にのるか、友達を訪ねるかなど) について13 の項目を挙げて、それに答えてもらうのです。

おのおのができれば1点、できなければ0点です。13 点満点にします。
項目は5 つの自立手段、4 つの知的機能性、4 つの社会的役割について調べました。これが高いほど生活能力が高いといえます。次に食べ物を、10種類に分けます。それぞれについて毎日食べていれば1点、食べない日があると0点とします。次に生活能力が低い人の危険度を1とします。

するとこの値が低い方が危険がない、つまり生活能力が高いということになります。

食事の得点が1~3点までの危険度を1とすると、4~8点の人は危険度が30%くらい下がり0.72で、食事の点数が9~10 の人、つまり食べ物をまんべんなく食べている人の生活機能の危険度は0.61になっているのです。

このことはいろいろな食べ物をまんべんなく食べることの重要性を示しています。さらに肉、卵、魚介類、牛乳などを欠かしてはいけないということも示しています。いくら体によいといっても果物、大豆製品、海藻類などだけを食べていては、高齢期の健康は維持できません。

特に長寿と関係していたのは、血中のアルブミンというタンパク質の量です血液の中を流れるタンパク質の60%はアルブミンです。血清で7gくらいです。この値は栄養状態、中でもタンパク質の摂取状態を反映しています。この値の低い人は寿命が短くなっていることが知られています。

高齢者にタンパク質を与えることで血中のアルブミンの量を増やせることを見出しました。つまり、食べ物の質を改善すれば寿命を伸ばすことができるのです。以下がどのくらい量を食べればいいかの目安です。

  1. 卵1個
  2. 牛乳は2200ml摂る。それに相当するチーズ、ヨーグルトでもよい
  3. 魚介類と肉類を1対1くらいにし、おのおの80~90gを摂る
  4. 豆腐を3分の1丁、またはそれに相当する豆製品を摂る
  5. 植物性の油は15~18ml摂る
  6. 野菜は350g、その3分の1 は緑黄野菜にする

カルニチンのダイエット効果

以前、番組の捏造問題で一躍注目を集めてしまったテレビ番組『発掘! あるある大事典Ⅱ 』で、αリボ酸のダイエット効果が報道され、その後、αリボ酸はダイエットに効くということでコエンザイムQ10と並んでサプリメントの代表のようにいわれています。

αリボ酸は、チオクト酸とも呼ばれており、ビタミンとして記載されることもありますが、これは体内で作られるのでビタミンではなく、ビタミン様物質として扱われています。

もともと、2型糖尿病の治療薬として利用されてきました。糖尿病の患者にこれを経口投与すると、インスリンによる血糖値の低下が増強されます。しかし、これは最大1.8gも使った調査です。

α リボ酸は抗酸化物質です。これはミトコンドリアの中で補酵素として作用し、ブドウ糖の分解、さらにそこからエネルギーが産生されるのを補助します。ブドウ糖がエネルギーになり、脂肪にならないということから、α リボ酸にダイエット効果があるといわれるようになったのです。しかし、これについて調べた論文で、きちんとした批判に耐えられるようなものはないのです。
『発掘! あるある大事典Ⅱ 』では、コエンザイムQ10とα リボ酸を摂っていれば若々しくいられると放送され、司会者自身も使用していて具合がよい、病気になりにくいなどと言っていました。しかし、人を本当に若返らせるかどうかの検証はされていないのです。

これはコエンザイムQ10でも同じです。このことに注意を払うのが非常に大事だと思われます。

一方、同じようにダイエット効果があるとされる物質に、カルニチンがあります。カルニチンはビタミンBTとも呼ばれています。カルニチンは牛肉に多く含まれています。アミノ酸とは厳密には異なるのですが、アミノ酸に分類されています。長い炭素鎖を持つ脂肪酸(長鎖脂肪酸) が、ミトコンドリアで燃焼する際に、カルニチンがないとミトコンドリアに入れないのです。

つまり脂肪酸が燃焼されず、脂肪が組織にためられてしまうのです。カルニチンは生体内ではリジンとメチオニンから合成されます。このときにビタミンC、ビタミンB6、ナイアシン、鉄が重要な役割を演じています

一般にはカルニチンは食肉、特に牛肉に多く含まれていて、米国人は1 日に100~300mg摂っています。食肉の中でも牛肉がもっとも多くカルニチンを含んでおり、豚肉には牛肉の半分くらい、鶏肉には3分の1くらい含まれています。

カルニチンは、血中の中性脂肪とコレステロールを下げる作用があります。中性脂肪やコレステロールを増やすと恐れられている牛肉を摂取すると、むしろ中性脂肪やコレステロールを下げる作用があるのは驚きです。このようなことからカルニチンにはダイエット効果があると考えられ、用いる人も多くいます。
http://www.vitamindiet.biz/%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%8B%E3%83%81%E3%83%B3%E3%81%AF%E8%84%82%E8%82%AA%E9%85%B8%E3%82%92%E7%87%83%E3%82%84%E3%81%99%E3%82%AB%E3%82%AE/

実際、いくつかの実験で、体重が減少したというデータが得られています。最近では、ダイエットに役立つというサプリメントが注目され、多くの人が購入し、使用する傾向があります。しかし、私たちの脂肪は無意味についているのではないことはすでに述べました。また、女性の場合は脂肪が少ないと女性ホルモンができにくくなり、精神的に不安定になつたりします。排卵が抑制され、不妊になることもあります。ですから、適齢期の女性が無理にダイエットをして脂肪を減らすことは、決してよいことではありません。
健康的にいい意味でのダイエットがやはりこれからの主流です。

食物アレルギーについて

最近では、喘息やアトピーが増えています。そして、花粉症などのアレルギー症状も年々ひどくなっている印象です。また、食べ物のアレルギーも増えています。レストランで食事をするとき、「何か食べられないものはございますか?」などと聞かれることがあります。なぜなら、人によりアレルギーの原因になる食べ物が異なるからです。

アレルギーは免疫反応で引き起こされます。免疫とは、自分と他人、自己と他者を区別する仕組みです。自分の細胞や組織には反応せず、ウィルス、細菌、あるいは移植された他人の組織は他者と認識して、これを排除しようとします。食べ物は異物です。そのため、食べ物のタンパク質などを腸管内で分解し、アミノ酸やペプチドにします。こうなると私たちの体の中の成分と同じですから、吸収されて体に入っても異物として排除されません。

体の中の成分でも、体の奥に隠れていて、免疫の細胞に見つかっていなかったような組織は、免疫の細胞には異物と判断されます。甲状腺の奥にあるタンパク質や、すい臓の奥にあるインスリンを出す細胞などがそうです。

何かのきっかけで、免疫細胞がこれらの組織を見つけると、今まで見たこともない組織なので、異物と考えて攻撃します。これが自己免疫疾患で、甲状腺炎や1型の糖尿病などは、これが原因で起こります。

そこで少し免疫の仕組みを説明します。免疫反応はリンパ球が異物を見つけることから始まります。リンパ球にはT細胞とB細胞の2種類があり、B細胞は抗体というタンパク質を生成します。この抗体が異物( ウィルスや細菌) と結合すると、それをマクロファージという食細胞が食べて、分解する仕組みになっているのです。

T細胞だけが働き、抗体を作らず、異物や組織を食べさせる細胞免疫という仕組みもあります。抗体には5種類あるのですが、普通、細菌やウイルスを排除する抗体をIgGといいます。腸管にはIgAという抗体を作る仕組みもあります。

これで、異物を腸管壁で排除します。普通アレルギー反応を起こす抗体はIgE です。この抗体ができると、それが白血球の表面に付着します。ここに再度異物(花粉など)が結合すると、白血球が壊れて、中から多くの物質が放出されるのです。これらの物質の中にはヒスタミンなどが含まれ、血管壁から水分を漏らし、その部位が膨らみ、かゆみなどを起こす反応を引き起こします。

また気管の周りの平滑筋をじんましん収縮させるので呼吸が困難になります。これらはいずれも喘息とか寺麻疹の症状を引き起こすのです。食べ物のタンパクは体には入らないようになっています。しかし、ある種の体質を持った人の場合には体に入り込みます。これに反応し、呼吸困難や鼻汁、涙などを出させるのが、食物アレルギーです。一般には食べ物が偶然体に入ってきても、寛容という仕組みで、免疫反応が起こらないようになっています。寛容は異物を自分の組織、細胞のように思ってしまう反応です。これがなんらかの理由で損傷されると、食べ物に激しく反応するのです。これが食物アレルギーです。

一般には卵などタンパク質を多く含む食べ物を食べた場合にアレルギーになります。小麦、そば、時にはご飯(米) に含まれるタンパク質にも反応するので、普通の主食の成分でアレルギーになります。卵、牛乳、小麦が食物アレルギーを引き起こす御三家ですが、それ以外に、エビ、大豆、キウイ、イカなどあらゆる食べ物にアレルギーを引き起こす可能性があります。

こちらには暴飲暴食以外にも同じものを続けて食べるのはよくないとも書かれています。

集中しなければいけない仕事があるのにイライラしてしまう

なぜか?イライラして仕事や勉強に集中できない。何となく不安という場合があります。ここ一番、集中しなければいい仕事も学習もできないのに…そんなときは、ビタミンとミネラルの双方が不足している可能性があります。ミネラルではカルシウムとマグネシウムを両方とるといいでしょう。カルシウムは天然の精神安定剤の異名を持つミネラルでもあります。煮干しなんかをしっかりよく噛んで食べるだけでも心が落ち着いてきます。

特に現代人女性にはミネラルが必要です。

ビタミンではビタミンB群が重要です。特にビタミンB1は神経の働きを整え、精神を安定化させる働きがあります。脳内ペプチドのセロトニンには気持ちを安定化させる働きがありますが、ビタミンB6はセロトニンの合成に必要なビタミンですのでビタミンB6の摂取も効果があります。背景にストレスがある場合、副腎皮質ホルモンの合成を促進するビタミンCをとるとさらに安定します。

ビタミンB6が足りないときは吹き出物ができやすくなるのでビタミンB6不足のサインにしている人も多いです。

また、ビタミンB6は、肌に関連する作用だけでなく現代人に急増中の糖尿病を防ぐ効果もあります。

糖尿病の難しさ

うちの透析室は、糖尿病が原因で腎不全になった人が圧倒的に多い。透析をするようになってもインスリンを打たなければいけない人もいてとても難しい。

一番は、血圧が下がったりしても自覚症状が乏しい。神経が鈍感になってしまっているのだと思う。
ところが、穿刺などの時は、他の人よりもかなり痛がる。ペンレスなどを貼っていても大声をだしたりする。

ips細胞なんかも糖尿病を治せる日が来るのだろうか?
あまり糖尿病の合併症がひどい患者さんにはどうしたらいいのか?とても悩むし、毎回、透析中に血圧が下がるのも気の毒。

こういう患者さんに限ってまた除水量が多かったりしてやぶへびだったりする。