食餌=食べる薬

現在では食べ物を「食事」と書く。少し前の頃には、「食餌」と書いていました。この「餌」という字は、「薬」という意味である。食餌は薬と思って選んで食べなければいけません。薬をいい加減に使用すると有害になります。食餌も同じ意味です。だから、辞書を引けばわかりますが、食事療法は本当は「食事療法」ではなく「食餌療法=食べるクスリ」なのです。「薬を使わない食事療法」「自分の免疫力で治す」といったサイトに掲載されている内容が本来は正しいのでしょう。

現在は、生活習慣痛が問題になっているように、食事が薬ではなく、病気をつくり出す要因となっているというわけです。健康のため、なるべく病気にかからないため、あるいはすでに病気の人、そして病気を治そうとしている人たちはなおさら、もっと食の重要性を真剣に考えるべきでしょう。

こうした皮肉な現実を直視するならば、むしろわれわれは古来伝えられてきた先祖の生活の知恵に改めて目を向け、大いに利用し、自然に順応して生きていくほうが体に合っているのです。そんなところから、次のような興味深い設問が出てくるというわけです。「医者のいう通りに節制した人と、医者のいうことは右から左に聞き流して生きている人とでは、どちらが長生きするでしょうか?」

結論を言ってしまうと、大差はないのです。そのちがいは、多少、人生を長く退屈に感じるか、短く感じるか、周りの者に迷惑をかけ、医療費の負担に耐えられなくなるかどうかです。動物は基本的に風邪を引かないし、病気にかかりません。と上ろが、自然から離れてペットとして生きていくと、病気になります。

人間も同じ動物なのです。ということは、ほとんどの病気の原因は、動物のように自然に支配されて生きていないこと、遺伝因子、生活習慣の蓄積、およびその結果でもある自律神経の失調という4つが微妙に絡み合って起きるといえるのです。

ここでは生活習慣の蓄積を問題にしますが、医療の現場で忙しく働いている人たちが感じることは、生活習慣の蓄積が病気の引き金になるケースの主たる原因は、

  1. アルコール
  2. グリーシーフード(オイルを使用した料理)
  3. タバコ

と考えられることです。特に、最近は「体調が悪い」と訴えてくる一般外来患者さんの多くが、アルコールや グリーシーフードによる疾患ばかりといってもいいかもしれません。

腸の長さが日本人は欧米人と比べて長いように、日本人はまだまだグリーシーフードを処理できる体になってはいないのです。そのため、肝臓と膵臓に負担がかかってしまいます。

飽食の時代に習慣になってしまった「美食」から、本当に日本人に合った、健康にいい「素食」へ「これまでの食習慣を少しずつ変えてみたらどうか」ということです。日本人は日本人の食事をとらなければ健康にはなりません。欧米化の食事がいかに日本人には合っていないかを実感できないために問題は山積みです。

しかし、いざとなると、なかなかそうはいかないのが現実です。そこで、誰にでもできることとして、まずなるべくグリーシーフードを避けるということです。食べるにしても、できるだけオイルを少なめにするよう注意します。もう1つは、オイルを使う料理にはなるべくニンニクを使うということです。
ニンニクの抗酸化作用については、ニンニクを料理に使うことで、少しでもコレステロール値を下げ、酸化を防ぐ必要があります。ニンニクの利用法は、古くから

  1. 健康食用
  2. 調味料・香辛料用
  3. 薬用</li

の3つに分かれます。ニンニクの薬効や様々な働きについては、こちらのとおりですが、食用となると、気になるのが栄養です。

ニンニクはタマネギやネギ、lニラ、ラッキョウなどと同じ仲間です。ニンニクをこれらの野菜と栄養的に比較してみると、エネルギーや糖質、タンパク質、リン、カリウム、ビタミンB1などが抜群に多く含まれています。また、ニンジンやホウレンソウなど一般に栄養豊富だといわれている野菜と比べてもニンニクの栄養価は飛び抜けています。食物繊維の含有量でもトップクラスである。世界の各地で、ニンニクが料理に使われているのは、決して偶然ではないのです。

ニンニクが手に入らなかったり、料理の時間がない場合は、サプリでもいいので是非、摂っていただきたいと願っています。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中