免疫細胞の制御遺伝子が見つかり難病治療に光り

多発性硬化症や関節リウマチなどの原因となる免疫細胞を制御する遺伝子を東京医科大学や大阪大学などの共同研究グループが突き止めたというニュースなんだけれど、これちょっと古いニュースみたい。
病院だよりに掲載する医療コーナーの部分に掲載しようと思った記事。

透析患者さんはリウマチとか膠原病が原疾患という人が多いので目に止まった。

新たな治療法につながる可能性があるという。「ネイチャー」(電子版)に発表した。多発性硬化症や関節リウマチは、本来ウイルスなどの異物を攻撃するはずの免疫細胞が異常に反応して体内の組織に障害を与えるため「自己免疫疾患」と呼ばれ、厚生労働省の難病指定を受けている。

各種の免疫細胞のうち、自己免疫疾患を引き起こすのは「Th17」というT細胞であることが知られている。
在することを発見。T細胞をTh17細胞に分化させる刺激がこのたんばく質を作る遺伝子の働きを活性化し、それによってTトけ細胞による炎症物質の生成が促進されるしくみを解明した。この遺伝子をなくしたマウスのT細胞は、刺激を与えてもT ぃけ細胞への分化が進まなかった。

また、実験的に多発性硬化症を誘発しても発症しなかった。研究グループは、この遺伝子がTh17細胞を制御しており、自己免疫疾患の治療法開発の有望なターゲットになると見ている

わかりにくいけど、難病患者さんの光になってほしいと強く願っています。