マカデミアナッツ油に含まれるパルミト レイン酸が、血糖値の急上昇を抑制し、 インスリンの効きも改善させることが判明

パルミトレイン醍の作用で血糖値は下がる

ココナッツオイル人気以来、体によい油に注目が集まるようになりました。たとえば、最近ではダイエットにも良質の油が必須であることがわかってきました。油のなかでも、「マカデミアナッツ油」も上手に活用するとさまざまな健康効果を実感できると思います。

少し専門的になりますが、体に大変よい働きをする「アディポネクチン」というホルモンについて研究を重ねていました。この研究の過程で、アディポネクチンとは別にaP2という脂肪細胞内にあるタンパク質について研究する機会があったのです。このaP2というのは、体にとってあまりよくないものだといゝつことは、これまでのアメリカの研究で明かにされていました。

それは、マウスを使った実験でaP2の遺伝子を壊したマウスと、aP2が正常なマウスを比べると、aP2を壊したマウスのほうが肥満や動脈硬化にならず、肝臓や筋肉の働きがとても活発で血糖値を下げるというデータがとれていたからです。

しかし、なぜ脂肪細胞内にしか存在しないタンパク質が、肝臓や筋肉という遠隔臓器の機能を活性化させて血糖値を下げるのかは不明でした。

例えば、ホルモンは、分泌物ですから血流にのって遠隔臓器へ届けられ、各臓器によい働きを促すことができます。

ですがaP2は脂肪細胞内にしか存在しません。しかし、この疑問は研究を進めるうちに解決されました。欠損したaP2からは、脂のようなものが分泌されていて、それが血中に取り込まれ肝臓や筋肉へ届けられていたのです。そして、この血糖値を下げる作用を促していた脂のようなものが、「パルミトレイン酸」という不飽和脂肪酸でした。

パルミトレイン酸は食品からとれる

パルミトレイン酸を多く含む食材を調べてみたところ、数種のナッツ類に含まれていました。なかでも「マカダミアナッツ」に飛びぬけて豊富だったのです。

このも「マカダミアナッツ」を私は風呂上がりに体に塗っています。なぜ塗るのかと思った方も多いかもしれません? もちろんナッツを食べたり、油を料理に使えば体内に吸収されます。しかし、研究により、オイルとして塗ってもパルミトレイン酸は体内に吸収されることがわかったからです。しかも食べるより塗ったほうが体内への吸収が速く、血中濃度も食べたときより高いとわかりました。

口からとった脂質は消化管で一度分解されます。その後、小腸で吸収後に再合成されて血流にのるのです。しかし、皮膚から吸収された場合は、パルミトレイン酸とグリセリンに分解された後、血流にのります。血中に取り込まれるまでの工程が少ないため吸収が速いのだと予測しています。

「マカダミアナッツ油」は口からとっても、塗っても効果のある油だったのです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中