胃カメラがいやだ

うちの病院、年に1回、病院で働く職員全員が1年検査を行う。尿検査、便潜血検査、血液検査、胃カメラ…こんな感じ。

透析患者さんはここに心エコー、心電図、動脈硬化などなどが加わる。
1年検査は自分の誕生月に行うのが定例。

透析患者さんの中には胃カメラがいやでいやで…という人が4割ぐらい。
なんともない!という人もいる。不思議。

そのいやでいやで仕方ない患者さんをなだめて検査の予定を入れるのが私たちの仕事。
と言いながら、私もいやで仕方ない。

看護師は40歳を過ぎると胃カメラが必ず1年検査にくみこまれてしまう。

これだけ胃カメラがイヤな人が多いのにどうしてもっと簡易なものが開発されないのだろうか?厚生労働省はここにメスを入れるべきなのではないでしょうか?

私の担当の患者さんで毎年、イヤだ!イヤだ!と言い続けてきた患者さんが昨年12月に人口股関節の置換術を他院で行った。すごく痛かったそうなで今年は胃カメラのイヤだ!が全くなかった。
やっぱり、胃カメラ以上にイヤなのもを経験することが胃カメラを乗り越えるきっかけになるのでしょうか?

そんな中、自宅できる胃カメラ検査を見つけてしまった。

自分で出来る!胃カメラをやらずに胃がん検査、ガン胃がん検査セット(ピロリ菌検査含む)

検査から保険がきかないのかしら?でも胃カメラよりいいなぁ~。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください