免疫力を高めて老化を防ぐ酢たまねぎ

自律神経を整え、体温アップ

古来、タマネギは、さまざまな薬効を持つ食材として珍重されてきました。タマネギの健康効果として、まず第1に取り上lげたいのが、イオウ化合物の働きです。イオウ化合物には、血液をサラサラにして、中性脂肪値やコレステロール値をおさえる働きがあることはよく知られています。

さらに、それに加えて、注目したいのが、抗酸化作用です。老化や病気の元凶ともいわれるのが活性酸素ですが、イオウ化合物に、強力な抗酸化作用があり、体内の過剰な活性酸素をへらしてくれるのです。
例えば、糖尿病の原因の1つが、活性酸素の増加です。活性酸素が過剰にふえると、膵臓の細胞を攻撃し、その働きを低下させます。すると、血糖値を下げるインスリンの分泌量が不足したり、インスリン自体の効きが悪くなったりして、血糖値が上昇します。

タマネギを毎日摂取し続けると、余分な活性酸素がへり、膵臓の働きが改善して、インスリンが正常に分泌されるようになります。この結果、血糖値を良好な状態にコントロールできるようになるのです。

一方、タマネギには、ミネラルやビタミンも豊富で、ポリフェノールも含まれています。これらも高い抗酸化作用を発揮するので、イオウ化合物とともに活性酸素と戦ってくれます。さて、膵臓がインスリンを分泌する際にはミネラルが必要とされます。それに必要なミネラルも、タマネギには豊富に含まれているのです。この点でも、タマネギは、血糖をコントロールするのに役立つでしょう。

第2に挙げるタマネギの健康効果は、自律神経の働きを整えて、免疫を向上させることです。
これにはタマネギのミネラル、ビタミン、ポリフェノールをといった有効成分が作用します。
自律神経とは内臓や血管、ホルモンの分泌などをコントロールしている神経です。自律神経の働きが活性化されると、病原菌ウィルスへの抵抗力が高まり、病気にかかりにくくなります。万が一、病気になっても重症化を防いだり、治りが早くなったりするのです。
また、タマネギのイオウ化合物のひとつである硫化アリルには、体温を上昇させる働きがあります。体温が上がると、血液中の白血球が働きやすくなりますから、これも免疫力アップに貢献します。

長寿遺伝子のスイッチがON!

タマネギを効率的に常食する方法として、特にお勧めしたいのが、酢タマネギです。酢にも、血液をサラサラにする効果あり、高血圧や動脈硬化の予防に役立ちます。最近では、ダイエット効果や疲労回復の作用も着日されています。
特に見逃せないのが、タマネギと酢を組み合わせるメリットです。酢によって、タマネギのミネラル成分が体内に吸収しやすくなるのです。また酢は、本来は体を冷やす食材なのですが、体温を上げる効果のあるタマネギと合わせてとれば、そのマイナス面も相殺されます。

このように、2つの食材の相乗効果で、より高い健康効果が期待できます。酢には、生のタマネギの刺激臭を和らげ、食べやすくする長所もあります。酢タマネギは、糖尿病にも有効です。

酢には、食事でとった糖の吸収を穏やかにする作用があり、血糖値の急激な上昇をおさえます。酢タマネギを常食すると、血糖値が下がるケースが非常に多いのです。

酢タマネギを常食した人の免疫力がアップしたというデータもあります。被験者に1ヶ月間、酢タマネギを食べてもらったところ、白血球に含まれる免疫細胞のうち、外敵への攻撃力を強化する「Thl細胞」が増加したと報告されています。さらに、酢タマネギは、肥満の解消にも有効です。酢に含まれる酢酸には、脂肪の合成を抑制する働きと、脂肪の燃焼を促進させる働きがあるためです。

さらに、タマネギのカリウムによって、体内のミネラルバランスが整うと、エネルギー代謝が促進されて、肥満解消に役立ちます。また、老化防止にも役立ちます。私たちの体には、長寿遺伝子ともいわれる、サーチュイン遺伝子というものが組み込まれています。

タマネギに含まれているケルセチンという成分が、長寿遺伝子のスイッチを入れてくれるのです。それによって、耳鳴りや白内障、物忘れなど、老化によって起こる、多くの症状の予防や改善を期待できます。酢タマネギは、多めに作って、冷蔵庫に保存しておきましょう。1ヶ月程度は保存が可能です。こうして準備しておいて、酢タマネギを、毎日50g程度を目安に食べ続けるといいでしょう。

食事の最初に食べる「酢たまねぎ」のたっぷり有効成分がしっかり効く、高血圧、糖尿病、高脂血症、便秘、動脈硬化などなど

蓄膿症による 嗅覚の衰えがなた豆で復活した

私の仕事は、料理人なんですが、蓄膿症が原因で嗅覚が衰えて困っていました。蓄膿症は子どものころからで、20歳のころも鼻がかゆくてどうにもならない時期がありました。調理師になってからは1 日にトイレットペーパーを1 本使うくらい鼻をかんでました。恐らくそのころから蓄膿症がどんどん進行していたんだと思います。

自分の嗅覚完全になくなっていることをはっきり意識したのは北海道の富良野に旅行したときです。バスガイドさんがラベンダー畑でラベンダーの花を手でもむと香りがすごいですよとおっしゃったんです。ところが私は全然感じなかったんですよ。たいへんなショックでした。調理場で仕事をしているとき、鍋が焦げているのに気がつかないことも多かつたですね。

日本料理の仕事をしていますから、料理が繊細で、においがわからないということは料理人としては致命的なので、妻以外には誰にもいわずにひとりで悩んで、あちこち病院に行ったり、いろんなものを試しました。漢方薬のお茶なども試しましたが、結局、病院の抗生物質でやっとにおいが戻ってきたんです。1 ~2年間くらい病院でその薬をもらつでいたんですが、私の処方箋を見た薬剤師の先生がおかしなことを言ったんです。「この抗生物質がずーつと続いてるんですね」と。とても強い薬だったらしいんです。その口調から、あれ?長時間服用するとまずいんだなと直感的に感じたんです。

その数週間後に病院に行ったら先生にすぐ手術のために入院しなくちゃいけないと言われました。しかも入院期問は1ヶ月間です。仕事をしていると、とてもそんなに長期問は無理なので、妻にも相談して、別の病院にかかったら2 週間くらい入院が必要だと診断されました。
病院によってずいぶん違うんだなと思いました。鼻茸も出ていると言われました。においがわからないのは、鼻茸が大きくなっているせいもあるんでしょう。

私はどうしても手術だけはしたくないという気持ちが強くていろいろ考えていたとき、運よく見つけたのがなた豆の広告でした。体験談を読んだら、その中に蓄膿症の手術を2度受けて結局喚覚が戻らなかったという記事がありました。やっぱり手術はダメだという思いがますます強くなり、広告のとおりそんなに効くのなら一度試してみようと思って、なた豆を飲み始めたんです。
最初は豆なんかでと疑心暗鬼だったんですよ。こんなものでにおいが戻るのかなと疑っていました。でも、わらにもすがるような思いもあったんです。効果は3ヶ月たたないとあらわれないとカウンセラーの方に言われましたが、飲み始めて3ヶ月でほんとににおいがするようになったので、これはすごい! と感動しました。何年も感じたことのなかったコーヒーのにおを感じながら飲むと本当に幸福だと感じましたね。香りのないコーヒーなんておいしくないですから。ワインもそうですね。においがわからないとおいしくないものはたくさんあります。

においのある生活が半年くらい続きました。デパートに行くとお菓子や果物の香りがするので楽しかったですよ。ところがアルコールを飲みすぎると嗅覚は鈍ってくるみたいなんです。アルコールが好きなものですから、最近は嗅覚が衰えたり戻ったりの毎日を繰り返してます。

調理場では醤油のにおいを目安に、今日はにおいがする、今日はあまり感じないと判断します。虫のいい話ですが、アルコールを飲みながら嗅覚治したいという気持ちなんです。でもナタマメを続けていれば、これから治っていくんじゃないかという確信がありますよ。私としては嗅覚がまったく失われたわけではないことがわかっただl与りでもうれしくて、なた豆には感謝の気持ちでいっぱいなんです。

歯周病は歯への影響だけではない!全身への影響が!なた豆が効く – 他愛もないつぶやき
http://jun0808.blog94.fc2.com/blog-entry-3270.html