生活習慣の改善でガンのリスクは限りなくゼロに近づけることができる

2011年に、「科学的根拠に基づくがんの予防法」を発表しています。

喫煙
たばこは吸わない。他人のたばこの煙による受動喫煙にも気をつける。仕事柄、タバコがないとダメな人は禁煙補助剤で本気で禁煙を目指す。
飲酒
節度のある飲酒を心がける。こちら
食事
動物性脂肪を含む乳製品や肉類肉の加工品を控える塩分摂取を抑える。
身体活動
適度な運動を習慣にする。毎日の生活を活動的に過ごす。
体型
BMI(肥満度)は適正な範囲に保つ。肥満を予防・改善する。
感染
ピロリ菌や肝炎ウィルス、ヒトパピローマウイルスなどの感染に注意する。
自宅できるピロリ菌検査

これらのうち、「感染」以外の5つは、日常の生活習慣に密接に関係していることです。つまり普段から自分で生活習慣に気をつければ、がんのリスクもコントロールできるということです。

 

この5つの生活習慣の改善をすべて実践し、感染症の予防と治療をきちんと行うと、がんになるリスクが約半分になるというデータも示されています。このように、がんの発生に生活習慣が深くかかわっていることは、日本を含め世界各国で科学的に検証されている事実です。

これまでのチェック項目に印がついた人は、それに関連する生活習慣から、少しずつ見直していくことをおすすめします。

とはいえ、生活習慣は長年の積み重ねの中で確立されてきたものです。すぐにすべてを変えるのは難しいと感じる人も多いかもしれません。たばこもお酒も肉料理もダメならなにを楽しみにすれば… … という皆さんの嘆きが聞こえてきそうです。しかし「がんになりやすい生活習慣」は糖尿病や高血圧、心疾患、脳血管疾患など、死因の上位を占める生活習慣病を招亡妻因ともほぼ重なっています。

がんや深刻な生活習慣病を発症してしまってから後悔するのでは遅過ぎます。リスクに気づいたその日から、がんや病気になりにくい生活習慣に徐々にシフトしていくことが重要です。

もう高齢だからといって、生活習慣の改善を行おうとしない方も時々目にしますが、よい生活習慣へのシフトはいくつになっても決して遅いということはありません。寝たきりなどにならずに健康的な人生をいつまでも長く楽しみたいものです。