スペインでの健康的でおいしい食生活

本場スペインでのオリーブオイルについて紹介しましたが、食生活にも紹介します。

スペインの多くの家庭では、調理に使う大瓶のエキストラバージンオイルけでなく、食卓用の小瓶があります。

これは、日本のしょうゆ差しと同じようなものでしょう。スペインの人々にとってエキストラバージンオイルは、食事に欠かせない大切な調味料のひとつなのです。

ある家庭の食事スタイルについて紹介しましょう。一地中海式の食生活は、エキストラバージンオイルや魚、野菜などを中心にした健康的な料理で種類も豊富です。

わたしが毎日の食事で気をつけていることは、あたりまえですが1日3食きちんと摂ること。また、できるだけ外食やできあいの食品を避けて、料理は手づくりするように心がけています。

さまざまな種類の食材を使うように、かつ、ビタミンや食物繊維が豊富な食材を選ぶようにして、栄養のバランスをとっています。魚は週に2~ 3 回、肉は週に1~ 2回を目安に食べています。

油はエキストラバージンオイルを使います。具体的なメニューとしては、朝食は、オレンジ1個に全粒粉のクッキー、そしてミルク入りコーヒーが定番です。プラスしてドーナツを食べたりすることもあります。

昼食は、サラダとバナナと鶏肉のパエージャ(肉・魚などを米や野菜と-緒に煮込んだ料理)といった内容です。

夕食は、スープとガルパンゾ(豆)、ヨーグルトといったものを食べています。おやつは、オリーブやピクルス、チョコレートなどを食べます。

免疫力アップのためのオリーブオイル

本場スペインでのオリーブオイルの使い方

スペインには、どんな種類のエキストラバージンオイルがあるのでしょうか? スペイン人のオリーブオイルの楽しみかたについて紹介しましょう。

エキストラバージンオイルは、スペインの理想的な食事に欠かせない、とても重要な部分を占めるものです。わたしたちは、デザートを含めたすべての料理にエキストラバージンオイルを使っています。スペインのエキストラバージンオイルの最大の特徴は、原料のオリーブの品種によって、オイルの味が異なることでしょう。

また、精製の過程によっても昧に違いが生じます。通常、オリーブの実は熟してから収穫しますが、未熟な青い段階で収穫したオリーブの実でオイルをつくると、その色は濃い緑になり、香りも強くなります。

ほかにも、搾油してから精製までの時間させてから生成するかすぐに精製するか、熟成という時間のおきかた、ろ過具合によっても味に変化が出てくるのです。日本にも多数輸出しているスペイン産のエキストラバージンオイルには、アーモンドやリンゴのような昧がするものもあるんですよ。エキストラバージンオイルの味わいは幅広く、価格も安いものからとても高価なものまでさまざま。

ですから、自分の好みの味を探したり、料理によって使い分けたり、といった楽しみがオリーブオイルにはあるのです。たとえば、高価なエキストラバージンオイルは、サラダなどにそのままかけると、その昧をよりはっきりと楽しめるでしょう。

免疫力アップのためのオリーブオイル