本場スペインでのオリーブオイルの使い方

スペインには、どんな種類のエキストラバージンオイルがあるのでしょうか? スペイン人のオリーブオイルの楽しみかたについて紹介しましょう。

エキストラバージンオイルは、スペインの理想的な食事に欠かせない、とても重要な部分を占めるものです。わたしたちは、デザートを含めたすべての料理にエキストラバージンオイルを使っています。スペインのエキストラバージンオイルの最大の特徴は、原料のオリーブの品種によって、オイルの味が異なることでしょう。

また、精製の過程によっても昧に違いが生じます。通常、オリーブの実は熟してから収穫しますが、未熟な青い段階で収穫したオリーブの実でオイルをつくると、その色は濃い緑になり、香りも強くなります。

ほかにも、搾油してから精製までの時間させてから生成するかすぐに精製するか、熟成という時間のおきかた、ろ過具合によっても味に変化が出てくるのです。日本にも多数輸出しているスペイン産のエキストラバージンオイルには、アーモンドやリンゴのような昧がするものもあるんですよ。エキストラバージンオイルの味わいは幅広く、価格も安いものからとても高価なものまでさまざま。

ですから、自分の好みの味を探したり、料理によって使い分けたり、といった楽しみがオリーブオイルにはあるのです。たとえば、高価なエキストラバージンオイルは、サラダなどにそのままかけると、その昧をよりはっきりと楽しめるでしょう。

免疫力アップのためのオリーブオイル

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください