アロエの効能、効果の世界での活用方法、日本国以外の使い方

アロエは自己治癒力を助ける日本国1億人のための薬草

有効成分とその作用については、アロエの化学はまだ問題をたくさん残しています。いわゆる効く人と効かない人がいるのは否定できません。
ある人は便秘が改善し、ある人は便秘には全く効かず、ある人は下痢になるほど効きすぎてしまう…こんなことも多々あります。

しかし、世界じゅうの多数の経験は、アロエが実に有効な薬草であることを教えてくれます。アロエは、効用が広いばかりでなく、体の中にしみ込み、吸収されやすいので、速効的な効果があります。栽培もやさしく、手間もお金もかかりません。薬害は全くありません(体質にょって、ある唾の相性はありますが基本的に食品です。)。

なによりも、病気を自分のカで治すのを助けてくれる薬草だから、有益無害です。家庭の救急薬として、また、若さと健康を保つ保健薬として、皮膚と体を若返らせる美容品としてだれもが使える1億人の薬草です。家庭で育てられる薬草として、アロエにまさるものはありません。

実は、アロエは日本だけでなく世界中で使われています。これについて紹介したいと思います。

アフリカ

原産地アフリカでは、アロエは家の前に植えられます。アロエは、永遠の生命の繁栄と幸せを願う植物として、悪魔を払うものとしての意味が込められているのです。ある部族にほ、インフルエンザがほやると、みんなでアロエで水浴するしきたりがあります。コンゴの狩猟部族は、アロエのマッサージで汗を抑えて体臭を消します。

西インド

西インド諸島やフロリダ南部では、鶏の飲み水にアロエを刻み込んで病気を防ぎます。キューバでは、ラムにアロエと砂糖を入れてかぜ薬にします。

メキシコ

メキシコ系インディアンは、何百年もアロエを万能特効薬として使ってきました。その例には、やけど、胃腸の病気、胃・十二指腸潰瘍、膀胱炎、腎臓病、赤痢、前立腺炎などがあります。そして、強壮にも、不老長寿にもなる薬草とされています。

ジャマイカ・マレーシア

ジャマイカやマレーシアでは、頭痛を治すために頭にはります。

フィリピン

フィリピンでは、脚気のむくみをとったり、髪の毛につけたり、アロエ酒を使ったりしています。

インドネシア

頭につけてマッサージして抜け毛を防いでいます。結膜炎、性病を治すのにも使われています。

南米

南米の移動農民は、アロエを持って移動し、新婚家庭にアロエを贈る風習があります。

アメリカ

戦後、カリフォルニア・スタンフォード大学、テネシー大学、ミネソタ大学など多くの大学でアロエが研究されています。皮膚のやけど、潰瘍、捏疹への応用が主なようですが、乳ガンに効いた例もあげられています。胃・十二指腸潰瘍の治療効果も確認されています。
積極的に使用されているのは美容の分野で、大手の化粧品会社が、大々的に商品化を進めています。

イタリア

化粧品には熱心です。

ロシア

病院でアロエの注射が使われます。アロエの作用の基礎的研究も臨床的研究も、かなり進められており、文献もたくさん発表されています。

アロエ本舗の「完熟アロエまるごと純しぼり」は純度100%無添加

https://more-aloe.com/effect/aloehonpo

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください