水分摂取の目安は1日1500 リットル以上を習慣にしたい

少し前にメディアでは、「ペットボトル症候群」が話邁を集め、健康雑誌などのテーマにさかんに取り上げられたことがありました。これは、子どもや若者たちがペットボトルを手放さず、コーラやスポーツドリンクなどを頻繁に飲み続けるために糖尿病などの病気を発症しているというものです。

しかし、ペットボトルを持ち歩き、水分を少しずつ補給することは、医学的にまちがいではありません。問題は、糖分の多いコーラやスポーツドリンクなどペットボトルの中身です。

ミネラルウォーターや麦茶などであれば、むしろおすすめしたい水分の摂り方です。というのも、人間は1 日に2.5~3 リットルの水分を必要としています。そのうち食事で1 リットル程度摂取するので、残りの1.5~2 リットルは、ほかから補わなければなりません。
ただし、1.5~2 リットルの水分を一気に摂ると、尿になってそのまま排出されてしまうので、小分けにして飲むのが理想的です。

では、なぜ人間は1 日に2.5~3 リットルの水分が必要なのでしょうか。じっは、暑くも寒くもない環境で安静にしているだけでも、呼吸のたびに水分は体外に排出されます。また、じっとしていても、体温調節のために汗を分泌しています。
これを「不感蒸泄」と言いますが、それだけで1 日0.9 リットルもの水分を失っているのです。

さらに、尿として1.4 リットル、便に含まれる水分がおよそ0.2 リットルありますから、その合計は2.5 リットルというわけです。

ここに運動や仕事などをして汗をかけば、さらに1リットル程度の水分が必要になります。ビールなどで水分を補給しても、飲んだ分だけ水分補給できたことにはなりません。アルコールは利尿作用が強いうえ、アルコールを分解する際に大量の水を必要とするため、飲んだ分以上の水分を失ってしまうからです。
同様に利尿作用のあるカフェインを多く含む飲みものもおすすめできません。ただし、必要以上の水分の摂り過ぎは、腎臓に負担をかけるうえ、低ナトリウム血(水中毒) につながることもあるためおすすめできません。
水分摂取にはお茶やコーヒーではなくプレーンの真水がいい理由

広告

水分摂取にはお茶やコーヒーではなくプレーンの真水がいい理由

血液をさらさらにするためにはやっぱり水分摂取が大事

一時期、水分摂取が健康のために推奨され、1日に1.5リットル以上の水を飲みましょう!というのをよく耳にしましたが、それ以降、水の飲み過ぎは体を冷やすからよくないとか、水は必要以上にとっても尿に排泄されてしまうなど、水分摂取についてとても否定的な見解が増えました。

果たして水分摂取は健康のために意味がないのでしょうか?そんなことは決してありません。人間の体の6~7割は水分です。水分についてないがしろにして健康になれるわけがありません。

2~3年前から猛暑で外でイベントなどがあると熱中症で倒れてしまう人がたくさんいて救急搬送されていますが、この異常事態も正しい水分摂取が行われていないためだという医師もいます。いくら1.5リットル~2リットルの水分を摂取しましょう!と言ってもコーヒーを1日に5杯、6杯と飲めば摂取できる水分量は300cc程度になってしまう場合もあるのです。コーヒーも砂糖を入れて何杯も飲めば糖分の摂取量もかなりの量になります。血液もベタベタするでしょう。

公園などでは成長過程のお子さんにジュースや清涼飲料を無防備に飲ませている光景もよく見ますね。あれは、水分摂取うんぬん以外に糖分過多が心配です。飲料水に限らないのですが糖分の摂り過ぎは、それでカロリーがまかなえてしまうため、食欲不振を招くおそれが十分あるわけです。
本当に必要な栄養分を、食事を通じて摂るという食生活の理想型が、糖分で崩れてしまうのはやっぱり心配ですし、糖分によってカルシウムが消費されキレる子供も増えています。

水分補給を主目的とするなら、これでは本末転倒になってしまう。だから、原則として水分補給はプレーンの真水で行うのがベストです。

糖分の入った飲料やカフェインの入った飲料には、有害物質と糖分やカフェインがくっついて、体内に残りやすいという欠点もあります。特に成長期に、害のある残留物質を増やすのは好ましくない、という理由も見落とせません。水分摂取は、体の老廃物を排泄するための機能も担っています。余分なものを尿として体外に排泄する働きですが、ここで毒素が入った水を体に入れてしまったら本末転倒でもあります。
毒素を排出!身体を健康にしてくれる水は活泉水

飲料水は水温にも気を配る

水を飲むときには、その温度も考慮することが大切です。血液をさらさらにする目的ならなおさらです。子供よりも大人のほうが、体温が上がることで血液への悪影響も大きいのです。高齢者ならなおさらです。冷たい水が、どうしても腸での吸収をスムーズに運びにくいということは、年齢に関係しないからです。
常温がベストでしょう。また、一気にたくさん飲むのもおすすめできません。