スペインでの健康的でおいしい食生活

本場スペインでのオリーブオイルについて紹介しましたが、食生活にも紹介します。

スペインの多くの家庭では、調理に使う大瓶のエキストラバージンオイルけでなく、食卓用の小瓶があります。

これは、日本のしょうゆ差しと同じようなものでしょう。スペインの人々にとってエキストラバージンオイルは、食事に欠かせない大切な調味料のひとつなのです。

ある家庭の食事スタイルについて紹介しましょう。一地中海式の食生活は、エキストラバージンオイルや魚、野菜などを中心にした健康的な料理で種類も豊富です。

わたしが毎日の食事で気をつけていることは、あたりまえですが1日3食きちんと摂ること。また、できるだけ外食やできあいの食品を避けて、料理は手づくりするように心がけています。

さまざまな種類の食材を使うように、かつ、ビタミンや食物繊維が豊富な食材を選ぶようにして、栄養のバランスをとっています。魚は週に2~ 3 回、肉は週に1~ 2回を目安に食べています。

油はエキストラバージンオイルを使います。具体的なメニューとしては、朝食は、オレンジ1個に全粒粉のクッキー、そしてミルク入りコーヒーが定番です。プラスしてドーナツを食べたりすることもあります。

昼食は、サラダとバナナと鶏肉のパエージャ(肉・魚などを米や野菜と-緒に煮込んだ料理)といった内容です。

夕食は、スープとガルパンゾ(豆)、ヨーグルトといったものを食べています。おやつは、オリーブやピクルス、チョコレートなどを食べます。

免疫力アップのためのオリーブオイル

本場スペインでのオリーブオイルの使い方

スペインには、どんな種類のエキストラバージンオイルがあるのでしょうか? スペイン人のオリーブオイルの楽しみかたについて紹介しましょう。

エキストラバージンオイルは、スペインの理想的な食事に欠かせない、とても重要な部分を占めるものです。わたしたちは、デザートを含めたすべての料理にエキストラバージンオイルを使っています。スペインのエキストラバージンオイルの最大の特徴は、原料のオリーブの品種によって、オイルの味が異なることでしょう。

また、精製の過程によっても昧に違いが生じます。通常、オリーブの実は熟してから収穫しますが、未熟な青い段階で収穫したオリーブの実でオイルをつくると、その色は濃い緑になり、香りも強くなります。

ほかにも、搾油してから精製までの時間させてから生成するかすぐに精製するか、熟成という時間のおきかた、ろ過具合によっても味に変化が出てくるのです。日本にも多数輸出しているスペイン産のエキストラバージンオイルには、アーモンドやリンゴのような昧がするものもあるんですよ。エキストラバージンオイルの味わいは幅広く、価格も安いものからとても高価なものまでさまざま。

ですから、自分の好みの味を探したり、料理によって使い分けたり、といった楽しみがオリーブオイルにはあるのです。たとえば、高価なエキストラバージンオイルは、サラダなどにそのままかけると、その昧をよりはっきりと楽しめるでしょう。

免疫力アップのためのオリーブオイル

口内炎がナタマメで改善

ナタマメを飲み始めてもう5年になります。私は若いときから口内炎に悩まされてきました。内科や歯科で飲み薬や塗り薬など、いろんな薬をもらいましたが、どれも効きませんでした。
口内炎はビタミン不足が原因とよくいわれていますが、私の場合は気を使いすぎたり疲れたときに出ます。もう年中できてましたね。

舌、歯肉、頬の内側など口の中全体に多いときは5つくらいできて、しかも潰瘍のようにものすごく大きくなるんですⅦ体全体が微熱っぼくなって、口を動かすだけで痛んだり、塩気がしみたりしてとても不快でした。上唇の裏側にできると電話で話すときにも痛むんです。
友人が病院でも治らなかった蓄膿症が治ったと教えてくれたので私も試してみようと思いました。

蓄膿症による 嗅覚の衰えがなた豆で復活した

さっそくとり寄せてナタマメ茶を愛飲しておりましたら、よく効くんです。おそらくナタマメが体の免疫を高めてくれるんですね。

夏場はたくさん飲むので口内炎はまったくできなくなりました。冬場は少し飲む量が減るので口内炎ができかけるんです。口の中にザラリとした部分ができるんですが、そういうときはお茶とナタマメの顆粒を併用しますとおさまります。顆粒は出かけるときも持っていけますので、特に冬場は重宝してます。

ナタマメ茶はそのもの自体にクセがなくて飲みやすいものですから、お茶代わりに難なく継続して飲むことができます。

お菓子ともよく合いますしね。お友だちにも疲れると口内炎ができるという方がいるので、ナクマメ茶をすすめると、「これ飲みやすい」と言って気に入ってくれます。今までほんとに大変な思いをしてきたのでナタマメに出会えてよかったなと感謝しています。最近は庭にナタマメを植えまして、ジャックと豆の木みたいな大きなお豆を見て楽しんでるんですよ。

Googleを活用して仕事の効率アップ

うちの病院の透析室は、透析室独自のホームページをもっている。特に外に向けて情報発信するページではなく透析室のみで使用するウェブサイト。
勤務表だったり、年間予定だったり、学会の予定などを順番に更新している。
ほとんどがMEさんがやるのだけれど、時々、あれやっといて!とか修正しておいて!と頼まれる。
まず、FTPという作業がもう5年も携わっているのにわからない。こっちがロール側でこっちがサーバー側といわれても相変わらずわからない。

今回、リニューアルしようということで作業をはじめたらコンテンツで何を掲載していか?忘れてしまったのだ。そこで以前のトップページが見られるのだという。
ウェブ検索のキャッシュ機能を使うのだそうだ。
患者のYさんが丁寧に教えてくれた。
一時的に保存したデータを見ることができるんだそう。Googleってすごいなぁ~と思った。
どこかでかけるときはスマホで地図を見るけれど、あれもGoogleが作ったものなんだそう。

仕事でもGoogleをもっと活用できれば効率アップしそうだけど…

私は最近、Gmailを使いはじめたんだけど全然、使いこなせていない。
とりあえず「
Gmailの魅力と使い方」
http://gmail-guide.hatenablog.com/で勉強。パソコン便利だけれど、ほとんど機能を使いこなせていない。

ハーブティーがおすすめらしい…

土曜日の私の担当の患者さんの療養相談だったので検査データを見ながらいつものように話をした。

まず、寒さがきつくなってきたので少し血圧が高くなっている点。少しDWがきついという点。Feが低いという点。
この3点。

本当に寒い!とおっしゃっていた。

透析の患者さんはほとんどが「透析中は寒い」とおっしゃる。体外循環をしていることを考慮しても寒くて当たり前。私たちは動いているから暑い。
誰もアンハッピーな状態。
これはカンファレンスでも何度も話し合っているがいいアンサーがでない。

毎日笑顔で話しかけてくださる患者さんには救われているとつくづく思う。これ以外に「ハーブティーにはまっている」のだと話してくれたので私も次にお会いするときまでにハーブティーの入れ方的な情報を収集しようと思う。

まず、カップはあらかじめ温めておくそうだ。ハーブの有効成分は温度が高いほうが多く抽出できるのだそう。カップは温めておく。

次はふたをして蒸らす。
温めたカップに再び沸騰したての湯を注いティーバッグを入れ、3~5分間じっくりと蒸す。このとき、ソーサーなどでカップにたをすると、精油などの揮発性成分を逃しせん。アイスティーにするときは、濃いめにれて氷を入れたグラスに注ぐか、常温でさす。

最後の一滴までドリップ。
カップからティーバッグを取り出すときは、パックのお茶が完全にしたたり落ちるまで待つ。
最後の一滴は「ベストドリップ」と呼れ、ハーブの有効成分がぎゅっと凝縮してる。一煎日で有効成分の約80%がとけ出してしまうので、お代わりは新しいティーバッグで。

意外にハーブティーって奥が深いと思った。

ヨーロッパやアメリカで、古くから民間薬として用いられてきたハーブ(= 薬草)。「自然の力で穏やかに癒す」パワーがこいま注目を集めています。
天然の植物だから副作用の心配が少ないことも魅力。

透析患者さんは、除水の影響で便秘になりやすいので、こうしたハーブのメリットを生かしたお茶を少量飲むのがおすすめ。
私も体が緊張してがちがちなので、ハーブティーで緩めたい。